前へ
次へ

どんな言葉をかけるのかはよく考えたい

訃報を聞くだけでも思わず心が震えてしまいますが、葬式を終えた後にはどのような対応をするのか、話をする時にも悩んでしまうのではないでしょうか。
ある程度年齢を経ていくと、身内を始めとした大切な人たちとの別れが来るのは仕方のないことです。
大事な方を亡くした時にいい言葉を言おうと思っても、実際には思ったように声がまず出てこないことが多いです。
気落ちしている人に対して言葉を選ぼうと頑張っても上手くいかない時の方が殆どですから、柔らかく「大変でしたね」というようにいたわるような一言だけでも充分でしょう。
「ご愁傷様」だときつく感じてしまう方もいるのでなるべく控えて、寂しくなりますねというように気遣うように心がけてみて下さい。
何も言わないのも一つの優しさだという意見もありますが、やはり顔を合わせたのに何も言わないというのも落ち着かないという方もいます。
デリケートな部分なので難しいとは思いますが、気遣いを第一に声をかけてみてはどうでしょうか。

ファミリーホール荒江はお葬式の業者

東京都知事賞を受賞した仏壇を見たい

委託会社を挟まないからこんなにお得に出来るんです

故人の遺品を親族に代わって承ります

尼崎で家族葬後の法事に関するサポートもしています
四十九日の法要なども執り行えますので、一度ご相談ください。

Page Top